フリーダイヤルで探偵の浮気調査の相談が出来るので、今すぐお電話を!

浮気しているかもと思ったら今すぐ0120の探偵に
■HOME

カーナビにより浮気の事実を証明できます。カーナビ

カーナビにより浮気の事実を証明できます。カーナビ上の履歴を見ることで、相手と車でデートし、浮気した場所を見つけられます。



履歴が見慣れない場所であった場合気を付けてましょう。


そして、しばしばガソリンが入れられていた場合、デートに車が使われているかもしれません。


成功報酬の場合、気を付けるべきなのは、例えば、浮気調査を依頼したケースでは、調査期間が3日間あったとしてその3日の間だけは浮気がなかったとすれば調査は成功となってしまうのです。

浮気しているのかは分からないまま、3日の間に浮気が発覚しなければ、浮気とは分からないまま、調査は完了し、成功報酬として料金を支払うのです。



探偵をお願いすると高くなるので、自分でやってみようとする人もいるものです。テレビドラマだと尾行は大変そうに見えませんが、実践してみればそうはいかないもので相手に違和感を感じさせなく、尾行するのは簡単じゃありません。
こちらの行動がバレてしまうと、相手は手を打つので、浮気の決定打を見逃してしまう可能性もあります。


絶対に相手の尻尾を掴みたいなら、プロに浮気調査をお願いするべきです。

レシートとかクレジットカードを見ると浮気の証拠をみつけることもできるかもしれません。まず、普段は入らないような毎回、コンビニのレシートを目にすることが多くなったら、その周辺に普段から何回も行っている事になります。


そこで逃さず見ていると、運がよければ浮気の瞬間をとらえることが出来るかもしれません。


探偵の浮気調査に支払う費用は「実費」と「時間給」の2つです。
実費は交通費、写真現像代やフィルム代といった費用になりますが、張り込み時の食事代が加算される場合も少なくありません。


一方、時間給の方は、調査員の数×調査を行った時間で、費用を算出します。短い期間で浮気調査を終えると支払い額も安くなります。探偵事務所の探し方として、口コミをチェックするのも有効です。
ここで重要なことは、その探偵事務所が運営するサイトにアップされている口コミではなく、全然関連のない掲示板や専門の相談サイトにアップされている口コミを調べる方が信頼できます。該当する探偵事務所と金銭的に無関係の人による口コミは、比較にならないくらい信頼できる情報と言えます。例え、配偶者が浮気している場合でも離婚を避けたいのなら浮気している現場に直接行くことは避けましょう。

浮気の事実を突き止められると相方が、ひどく感情的になってしまい、かえって、離婚という結果を招いてしまう可能性を否定できません。
また、浮気相手と接触してしまうと、大きなストレスになってしまうのです。

浮気をしているかどうか確かめたい!そんな時には、調査にはどれだけの人数が必要なのかというと、多くの場合、調査は2人くらいで行うと言われています。


本当に浮気なのかを調査員が1人で行う場合が多いです。再度計画を立てて調査員を増やすのか、減らすのか、どのように調査するのかを具体的に決めます。



浮気現場の日時がわかっていると、調査に必要な時間は少なくてよくなるので、調査代金はその分安くなるのです。



そうはいっても、浮気をしているときが特定できているなんていっても、友人を説得して写真撮影をお願いすると、多くが失敗するに違いありません。
勘づかれないように写真を撮りたいときは探偵に頼むのが一番いいに決まっています。



本人が知らないうちに、客観的に浮気の証拠となるものをつかむには、必要となる機材や技術があります。
浮気現場をせっかくカメラで撮影しても、露出不足で、誰が写っているか分からないようでは証拠にはできません。探偵なら浮気調査をする場合、薄型のカメラなども用いて相手が知らない間に十分証拠となる写真を撮ることができます。
探偵の浮気調査の場合でも失敗することがないことはないのです。探偵は浮気調査をよくやっていても、思わぬミスをすることがありえます。調査対象が不意に車に乗るとか、電車に飛び乗ったり、探偵の尾行に気づいてしまう可能性もあります。それに、浮気調査実施中に不倫相手と密会しない場合には証拠入手が困難です。調査機関に依頼したところ、自分の結婚相手の浮気が明らかになった時、別れるべきか否か選択に困りますよね。

そうならないように、探偵事務所に調査を依頼するよりも先に、よく考えておくことが賢明です。夫婦というものは法律上お互いに貞操を守る義務がありますから、不貞行為に対する慰謝料を要求して結婚生活の解消をするのも一つの選択肢です。
身なりを確認して浮気の事実を突き止めることができます。浮気をしているときに、分かりやすく現れるのは変化していく服装です。

以前はファッションに対して無頓着だったのに、突然にファッションにこだわるようになったらよく見ることが重要です。

浮気へと進展しそうな人がいたり、もう浮気の相手がいるかもしれません。夫と浮気相手のいる場所に奥さんが乗り込み惨憺たる状態になるのは、ドラマ・芝居で目にすることも多いです。



妻とその浮気相手がいるところへ夫が乗りこんだら、相手を刺したり、殺してしまうサスペンスドラマも少なくありません。
配偶者と浮気相手のいるところへ自ら踏み込むのもやり方の1つでしょう。

離婚になってもいいと思う場合は、試してもいいと思います。
不倫問題を相談したいと考えるなら弁護士に相談するのがオススメです。

離婚したいと思うのか、不倫相手から慰謝料を取りたいと思うのかをまず考えてから相談するといいでしょう。また、不倫の証拠を掴みたいときには、探偵や興信所に相談するようにしてください。女性の場合だと、近所の奥さんや知人などに相談してしまう方もいますが、近所の噂のタネになりたくない時は、相談しないようにしましょう。
探偵に浮気調査を依頼して、相手が言い逃れできないような証拠を得ても離婚をしないという選択肢もあります。

子供がいるご夫婦の場合は特に旦那、妻の浮気が発覚したからといって離婚というものはそう簡単なものではありません。

請求することのできる養育費も少額な事が多いですし、来月、来月、と先延ばしにされて支払われないこともありますから、仕事をしながら育てるのは心身ともに大きな負担になります。

男手一つで育てる場合にもまた同様で仕事を両立させることは簡単では無いでしょう。


探偵に浮気調査をお願いして、疑いようもない明確な証拠が手に入れば、配偶者と不倫相手から慰謝料を支払ってもらうこともできます。

信頼のできなくなったパートナーと人生を一緒に歩むのは精神的な負担は計り知れないものになるでしょうから、慰謝料をもらって離婚することもありかもしれません。
それに、配偶者の浮気相手に慰謝料の請求をしておけば間違いなく別れさせられるはずです。浮気を調査を依頼する時には、あり得ないほど低い報酬額であったり、または高過ぎるような金額が設定されているところではなく、詳細なプランや金額が設定されており、後で追加料金を請求してこないような探偵事務所がオススメです。
また、探偵業の許可を取得しているのか前もって確認しておきましょう。


法を逸脱した調査をしている探偵社には浮気調査の依頼をやめておきましょう。
探偵事務所調査を依頼し、なにが出来るかと云うと浮気の証拠をつかむ事です。配偶者が浮気をしているのではないかという疑いをもった場合、まず自分自身でなんとかしようと行動すると思います。



けれども、浮気の証拠を自分だけで入手しようと思っても、相手に見つかるという可能性が高いです。はっきり言ってその理由は、相手があなたの顔を知っているからです。


料金について成功報酬制を採用している探偵事務所は、調査が成功しなければ調査料金が発生しないという不安要素があるため、成功した場合はそれなりに高額の料金を請求されます。そのため、成功報酬だからということで、浮気調査費を安く抑えられるわけではないのです。調査能力がどこまであるのかなどもよく確認して、明確な料金システムを採用してる探偵事務所に依頼すると安心です。結婚した人の不倫を調査を探偵にお願いする時、一般的に、浮気調査にあたる人数や調査期間を前もって協議します。
探偵は1万円以上の時給が相場と言われており、調査が長期になれば調査費用が高額になるでしょう。
調査する人の所属するオフィスにより、使う機器や調べていく人の才能には差があるため、ネットでの評価なども参考にしたら良いでしょう。
探偵の仕事は依頼された調査を行えば終わりというものではありません。浮気の事実があるのか調査していると、何かしらのトラブルが起こるものです。

そういう時に、一番に依頼人のことを優先的に思ってくれるような探偵が信用していい探偵と言うものです。信頼してもいい探偵なのかは、相談した時の対応などで慎重に判断する事を心掛けてください。

配偶者が不倫をした場合、交際相手を含めた二人に対して、慰謝料を求める事ができます。

しかし、あなたの夫または妻が不倫する前から、同じ屋根の下で生活してはいるもののほとんど会話がない場合や、すでに夫婦であるとは言いがたい状態だった場合は、あなたは二人に対して慰謝料を請求できません。
慰謝料は、どの程度精神的に傷ついたか、歳や婚姻年数などいろいろな事を鑑みて裁判所が慰謝料を決めます。費用を節約して浮気調査をするには、事前にある程度自分で調査をすることでしょう。


調査とはいっても簡単にできることなのです。
毎日、パートナーの行動記録を付けておけば立派な調査なのです。

毎日、出勤していった時間や、帰ってきた時間、電話で誰かと通話していれば、掛ってきた時間と通話時間も忘れずに記録しておくようにしましょう。
GPS端末は、車の目に触れないところに設置して、行動を常時監視し続け、今いる場所をモニターしたり、後で蓄積しておいたデータを呼び出して様々な分析をすることも可能です。



移動手段に、車を使わない人の場合は、普段持ち歩くものの中にGPS端末を隠しておけばよいのです。



そうすれば、相手がどこに行ったのかやどのくらいの時間を過ごしたのかも把握できます。
 追跡グッズという探偵が使うものは 自分で買うことができるかといえば、購入できます。


一般的には、追跡グッズはGSP端末を用いるというケースがほとんどですが、これはどんな人でもインターネット等で購入可能です。


車に載せているのをよく見るGPS端末は、車の盗難を考えた上でつけておくものですので、誰でも当然購入できます。不貞の慰謝料は200万円前後が相場ですが、50万円程度となるケースもありますし、400万円くらいになる場合もあります。離婚しなくても慰謝料を求めることができますが、その金額は少なくなってしまうでしょう。また、不倫相手の方が浮気を認めない際は証拠が必要となります。無関係な人からみても明らかな浮気の証拠が必要です。



着るものが今までと違った系統になってきたら、怪しい兆候です。浮気のパートナーの好きな服装にしていたり、評価をわずかでも高くしようとしたりしているのかもしれません。

突然に本人よりも若い年代の人のカラー・デザインの服装を着るようになってきたら、大変よくない兆候です。
その中でも特に、趣味の良い下着を身につけるようになったら、浮気の可能性があります。まず探偵について見てみるならば、人に怪しまれることのないようきめ細かく配慮しながら根気よく調べていきますが、興信所は多くの場合、企業調査や身辺調査を任されることもあって、興信所から来たことを明かして表立ってリサーチを行うようです。



そういうわけで、個人の行動を調べるには探偵が向いており、一方、興信所は情報を集めることが上手だと見てよさそうです。

浮気調査で肝要なのは、不倫相手の存在を明らかにする事です。
浮気しているか否かが不明瞭な場合は改めて、調査を続行するか否か決めなければなりません。



もしも浮気が確かなこととなれば、浮気相手が誰か? を調査する段階となります。



お出かけ先からパートナーの行動を調査したり、見張りなどの方法も用いて、貴方の知らないところでパートナーが逢い引きしている人物を確定させるのです。

探偵の浮気調査に支払う費用は2つに分け

探偵の浮気調査に支払う費用は2つに分けられ、「実費」と「時間給」になります。
実費には移動にかかる費用、フイルムや現像料などをいいますが、調査中の食費が加わることもあるみたいです。


また、時間給は調査員の人数×調査時間で、費用が算出されます。

調査にかかる時間が短いほど請求額も少額となります。


配偶者のレシートやクレジットカードをチェックすれば、浮気の証拠をおさえる事もできる可能性があります。いつもなら立ち寄らないようなコンビニのレシートをいつも見かけるようになったら、その近辺に普段から赴いている事になります。

そこで見続けていると、浮気の瞬間を目にすることが出来るかもしれません。
もし、密会の曜日や時間がわかっているのでしたら、ぞの分の調査期間を必要としなくなるため、調査費用のお財布への負担を減らせるのです。

そうはいっても、浮気をしているときがわかっていたとしても、知人に相談して証拠を撮ってきてもらうにしても、ほとんど駄目でしょう。

勘づかれないように写真を撮りたいときはプロに任せるのが一番でしょう。地図上の場所がわかる機械を用いて、毎週のように行っている所を検索して、見張っていれば、待っていればパートナーはそこに行くはずなのですから、浮気の証拠をつかむことができると思われます。
懐具合が心もとないときには、端末などで調べるのも、様々なやり方の選択肢の一つです。GPS端末が付けられていることが発覚することがあります。
探偵には悪いところがなくても、依頼者自身が焦ったりして、パートナーが警戒心を抱くことになって浮気調査が困難になり、失敗してしまう場合もあるでしょう。探偵に依頼したからといって、絶対にあなたの望む結果になるとは限らないのです。

成功しなかったときの調査にかかった費用についても、調査を始める前にしっかり打ち合わせをしておくことが大事なのです。



調査内容によって変わってくることはありますが、多くの場合、2人程度で調査しています。

しかし、まだ浮気が確定でない場合には、浮気が確実なものとなったなら、もう一度計画を練り直して浮気の証拠を掴むための調査を行う人数などの調査方針を決めることになります。

浮気に関する調査を成功報酬で探偵事務所に依頼したら損しないかと言うと場合によってはそうでないこともあります。
成功報酬ならば一般的な感覚としては調査を不成功で終わった時、報酬支払いの義務がなくなるので依頼者は損をしなくて済むように感じます。それ故に、成功報酬の探偵事務所に特定して、利用したいと思っている人もいるのです。不倫した二人に慰謝料を請求する場合には、相手の身元はおさえておかなければいけませんし、間違いのない、裏切りの数々を掴まなければなりません。
しかし、調査のプロである探偵に依頼したら、浮気の証拠をキッチリとした形で映像に残して貰えますし、裁判では、貴方の気分をスッキリさせてくれる材料を整えて貰えます。探偵が使うという追跡グッズとは 自分で購入できるのかといえば買うことができるのです。追跡グッズは、一般にはGSP端末を用いるというケースがほとんどですが、これはいかなる人でもネット等で買うことができます。車両に載せるタイプのGPS端末は、普通は、車が盗まれたときのために備えておくものですから、誰でも当然購入できます。
相手が全然知らないうちに、誰が見ても明白な浮気の証拠を手に入れるには、必要とされる技術および機材があります。浮気の現場をしっかり撮ったつもりでも、露出が足りず、誰の顔かはっきり見分けられないのでは証拠にならないのは仕方の無いことです。浮気を探偵に調査してもらうなら、非常にコンパクトなカメラを使って全く気づかれずに客観的な証拠を撮影してくれます。
法律上では、既婚者が配偶者ではない人と性的関係になることを不倫といいます。すなわち、法律の上では、性的に親密な関係ではなかったなら、一緒に出かけたりしても、浮気とはいえないということになります。
個人では肉体関係の証拠をつかむのは難しいですが、探偵や興信所に調査を依頼してみることができます。奥さんが夫の浮気の現場に踏み込んでおぞましい戦場になるシーンは、ドラマのシナリオでもお馴染です。


夫人の浮気現場にご主人が乗り込むことになると、殺傷沙汰にまでなってしまうストーリーもよく使われます。



浮気しているところを捕まえて問い詰めるのも方法としてアリです。

別れるつもりがあるならば、実行する余地はあるかもしれません。
探偵に浮気の調査を要請して、誰が見てもそうとしか思われない証拠が見つかれば、慰謝料は配偶者と不倫相手双方に請求することもできます。

不信感を抱いてしまった相手とこの先の長い時間を一緒に過ごすことはそのストレスはかなりのものになりますから、慰謝料を請求して離婚することは決して悪いことではありません。それに、配偶者の浮気相手に慰謝料の支払いが課せられれば間違いなく別れさせられるはずです。

尾行代金が時間によって設定されている場合、探偵の尾行にかかる時間が短い方が、お金がかからなくなります。

よって、探偵に尾行依頼をするなら、日常からパートナーの行動を調べ上げることが重要です。


その結果から、怪しいと思われる時間帯や曜日に絞って尾行をお願いすると、探偵にも余計な手間をかけずに済み、双方にとって利益があります。身なりを確認して決定的な浮気の証拠を発見できます。
浮気をしているときに、著しいのは着る洋服の違いです。
お洒落には今まで関心がなかったにもかかわらず、いきなり服装に関心を持ったのであれば慎重に見ておく必要があるでしょう。今後、浮気をしそうな人がいたり、前から浮気の相手が存在するかもしれません。
日頃、相手の生活している様子を気をつけてみておくことは他人に頼まなくても可能ですが、浮気を認めざるを得ないような証拠を入手するためには、専門職としてノウハウを持っている探偵に頼んだ方が失敗がありません。

そして、探偵に頼む場合、浮気に関する証拠が手に入る、ということにとどまらず、いろいろ貴重な助言をもらえるというのも見逃せないメリットです。

なんとアルバイトの探偵がいる事例がございます。
探偵をするアルバイトを検索してみると、お仕事が見つかるのです。このように、バイトが仕事をしている探偵事務所も多いのです。浮気の調査をお願いする場合には、個人情報を教える必要があります。


バイトだと簡単に辞職することも考えられますし、知ってしまった事柄を他の人に話す可能性だってあります。
浮気調査で自分のご主人や奥さんの浮気が見つかったならば、離婚するか気づかないままにするのか心が乱れますよね。
まずは落ち着いて、浮気調査を依頼してしまうよりも先に、よく考えておくことが賢明です。


法律上、夫婦間に不貞があってはいけないわけですから、慰謝料を支払うよう配偶者とその不倫相手に求め、結婚生活を解消するのもいいでしょう。


探偵をお願いすると高くなるので、「私が尾行すればいいんじゃない」と簡単に考えてしまう人もいるようです。

テレビドラマだと尾行は大変そうに見えませんが、いざ、自分がしてみると相手に違和感を感じさせなく、尾行するのは並大抵のことではないのです。

こちらの行動がバレてしまうと、相手は手を打つので、怪しい行動は控え、浮気していてもしばらくしないかもしれないのです。相手の非を認めさせるには確実な証拠がいるので、その道の専門家にちゃんとお願いして、しっかり浮気を調べたほうがいいと思います。


なるべく少ない費用で浮気調査を依頼するには、できる限り事前に自分で調査してから調査会社へ依頼することです。



調査というと引いてしまいがちですが、難しく考える必要はありません。

ただ、パートナーの行動を毎日記録するだけで調査費用の節約につながるのです。



毎日、出勤していった時間や、帰ってくる時間、電話で誰かと通話していれば、掛ってきた時間と通話時間も忘れずに記録しておくようにしましょう。

浮気調査を頼んだとして、調査の期間はどれぐらいかというと、多くの場合は3〜4日間です。



覚えておいていただきたいのは、これはあくまでも一般的なケースです。



普段から気づかれないように気を使っているパートナーの調査だと、1週間から1カ月くらい調査期間が必要になることがあります。
一方で、浮気するだろうという日があらかじめ分かっているなら、たった1日で調査が完了してしまうこともあるのです。


動き方を書き留めておくことで浮気の決定的な証拠をつかむこともあります。
日々の人間の行動には、ほぼ習慣ができます。
しかしながら、浮気をしている人は、動きの法則性が変化してきます。変わった時間帯や曜日が決定づけることができたら、行動をしっかりと観察すると、浮気の決定的な証拠をつかむ見込みが増えます。不貞の慰謝料は200万円前後が相場ですが、場合によっては50万円程度ということもありますし、400万円くらいまで跳ね上がっている場合もあります。


離婚しなくても慰謝料を求めることができますが、その金額は少なくなってしまうでしょう。


さらに、不倫相手が浮気を認めない際は証拠が必要とされます。無関係な人からみても明らかな不倫の証拠を用意しなくてはいけません。
浮気調査は第三者に任せるべき理由は悲しみの余りその場で暴力に訴えてしまう危険性があるのです。
自分だけは大丈夫! なんて思い込んでいませんか?自分の知らない伴侶の顔をみてしまうと刃傷沙汰に発展してしまう場合がこれまでに多くありました。貴方自身のためにも、確かな証拠を得るためにも、浮気調査は是非とも探偵にご依頼ください。


自ら動くより、探偵に浮気調査を頼む方がいいと思います。
探偵に依頼すると、浮気の証拠を確実につかむことができます。自ら浮気調査をしてみても、浮気しているということはすぐに調べがつきます。でも、パートナーを問い詰めても浮気を認めようともしなかったら、有利な条件で離婚できません。
有利に離婚するためにも、確かな証拠が必要です。
運転する人の目につかないところにGPS端末を取り付けておいて、移動の様子を常時監視し、今いる場所をモニターしたり、後で蓄積しておいたデータを呼び出して分析することもできます。

普段、運転しないような人の場合は、普段持ち歩くものの中にGPS端末を隠しておけばよいのです。
これで相手がどこをどう移動して、そこにどのくらいいたのかもわかります。

料金体系が成功報酬制の探偵事務所は、結果として成功した調査でないと報酬を得られないリスクというが大きく、成功した場合はそれなりに高額の料金を請求されます。

そのため、成功報酬の方が、浮気調査費を安く抑えられるわけではないのです。調査能力がどこまであるのかなどもよく確認して、安心できる料金システムの探偵事務所に依頼する方が納得いく結果が得られるでしょう。探偵は頼まれたことの調査をやるだけではそれで終わりとは言えません。
浮気の事実があるのか調査していると、思ってもみないトラブルが起こる時があります。
そんな状況になった時に、依頼者の立場を何よりも先に気にしてくれる探偵が信用できる探偵ということです。信頼できる探偵の見分け方は、相談した時の対応などで慎重に決めるとよいでしょう。


実際に探偵に頼むことで浮気の証拠を掴む事が可能です。



相手が浮気をしているのではないかと思った場合、まず自分自身でなんとかしようと行動すると思います。


でも、浮気の証拠を自分だけで入手しようと思っても、自分の行動が相手に見つかってしまうリスクが高くなります。
その原因はズバリ、あなたの顔が相手に認識されているのからです。ほんとに離婚してもかまわない、慰謝料をちょっとでも多く取りたいと思う場合、浮気現場に乗り込んじゃってもかまいません。

しかし、単独で行くのは、さらに揉める可能性が高いので、できるだけ避けましょう。あなたが信頼する人と一緒に行けば、感情的になり事件を起こすことが避けられます。信頼できる人が見つからない場合は、探偵に依頼するという方法があります。

メニュー